illust3468

私の息子は、中学校ではバスケット部に所属していました。

あと進学塾に通っていたので、週5回・18:00~22:00は塾で、塾がない日は部活に出るという生活を送っていました。

塾は、22:00に終わって学校と塾の宿題を終えて寝るのが午前1時~2時という過酷な生活で、毎日の睡眠時間は4時間~5時間で、十分な睡眠がとれている日はほとんどありませんでした。

本人の希望で通っていた塾だったので、「塾をやめろ」とは言えずに心配な毎日を過ごしていました。

進学塾をやめて睡眠時間を確保

あまりにも過酷な生活を送っている息子に、あえて「勉強も大切だけど睡眠をしっかり取った方がいいんじゃないの?」「将来のこと考えたら成長も大切だよ。」と進学塾をやめて近所の普通の塾に行くことを提案しました。

息子もかなり疲れ切っていたようで、進学塾をやめることに同意しました。

塾をやめてからは、23時くらいには寝るようになりましたが、結局テレビを見たり携帯ゲームをしたりで無駄な時間が増えてしまいました。

この状況には、さすがに腹が立った私は、一日のスケジュールを作成して息子の生活のリズムをガラッと変えることにしました。

身長を伸ばすために1日の生活のリズムを思い切って変更

平日の1日のスケジュールは以下のように決めました。

4:30起床 4:30に起きて、顔を洗ってから6:30まで勉強
6:30~7:00朝食 6:30から 朝食※朝早く起きているのでたくさん食べる
7:00~7:30自由 バスケット部の朝練がある時は7:00から朝練に行く。
学校
17:30~18:00 帰宅 出来るだけ早く夕食
19:00~21:00 塾 塾の無い日は家庭学習・自由時間
21:30 就寝 多少前後するが、遅くても22:00には寝る。

思い切って、上記のような生活スタイルに変更させました。

最初は抵抗があったみたいですが、次第に新しいリズムに慣れてこの生活リズムが定着するころには、いい効果が表れ始めました。

睡眠時間が1日平均で約7時間確保出来るようになって、学校での授業に集中できるようになったみたいで、担任の先生から「最近、授業での集中力が上がったように感じます。」と行ってもらえました。

さらに、早起きすることで学校に行くまでに時間があるので、以前に比べて朝食をよく食べるようになりました。そのためしっかりと栄養を摂ることで授業に集中できるようになったのだと思います。

この生活のリズムを変更したのが、息子が中学1年の8月ごろだったのですが、このころから少しずつ身長が伸び始めたんです!

 
最後までご覧いただいてありがとうございました。

これからも皆様の役立つサイト造りのために
努力していきます。励ましのクリックをお願いします。 サイト管理人 「みんみ」

人気ブログランキングへ